インプラントは最近は雑誌、マスコミなどでも頻繁に取り上げられています。
インプラント学はこれからもますます発展していくと思われます。

私たちは毎年数多くのインプラントを施術しておりますが、患者さんそれぞれの体質・骨の状態にもより、その術式は多岐にわたります。また、平成19年からは高知県下初の保険適用歯科用X線ct装置を導入し、インプラントの診断・治療はもとより、腫よう・骨折・深く埋まっている親知らずの抜歯の診断など、より幅広い治療が可能となりました。
ここでは最近の代表的な6つの症例を、術前・術後と比較してお見せします。

【症例1】60代 男性

食べられないのでインプラントをして下さいとのことで来院。まず下に7本のインプラントをいれ、その後上に9本のインプラントを入れています。上は総入れ歯から固定式になり大変喜ばれています。

症例1 術前

症例1 術前

症例1 術後

症例1 術後

【症例2】50代 女性

他の歯医者さんからの依頼で下の奥歯が噛めないとのことで来院。左右の歯を1本ずつ抜いて5本のインプラントで奥歯を作りました。家が遠方なので3ヶ月に1回のメンテナンスに通われています。

症例2 術前

症例2 術前

症例2 術後

症例2 術後

【症例3】50代 女性

上の奥歯がなく、長い間入れ歯を使っていましたが、固定式にしたいということでインプラントを希望され来院。左右に5本のインプラントを入れて、入れ歯から解放されて喜ばれています。

症例3 術前

症例3 術前

症例3 術後

症例3 術後

【症例4】60代 女性

義歯が合わない、噛んだ時歯が動き、痛くて食べられないとのことで来院。上に6本、下に5本のインプラントを入れています。なるべく歯を抜きたくないとの希望で保存ギリギリの歯も残しています。

症例4 術前

症例4 術前

症例4 術後

症例4 術後

【症例5】60代 女性

上の歯が3本しかなく食べられない、よく腫れるとのことで来院。上に6本のインプラントをいれ、12本のブリッジ(連結した歯)を入れています。腫れもなくなり、よく食べられていると喜んでいただいています。

症例5 術前

症例5 術前

症例5 術後

症例5 術後

【症例6】40代 男性

ずっと家族にも口を開けなかった方が、どうにもならなくなり噛めるようにして下さいとのことで来院。上に10本、下に6本のインプラントを入れて噛みあわせを作りました。骨が極めてうすく難易度の高いケースでしたがきれいに仕上げて、今はメンテナンスに励んでくれています。

症例6 術前

症例6 術前

症例6 術後

症例6 術後

以上、総入れ歯、部分入れ歯のケースでもほとんどの場合インプラントで対処できます。
入れ歯と違い固定式で自分の歯と同じようにしっかり噛みしめることができるわけです。
なるべく多くの方により侵襲の少ない方法、可能な限りシンプルな手段を用いて早く、きれいに、そして長く使っていただけるように努めております。

そのためにも定期的なメンテナンスをお願いしています。
それがインプラントのその後を大きく左右します。

費用はインプラントとそれにかぶせる物をあわせて1本26万~30万円とお考えください。